スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧建築の旅06 ストックホルム市立図書館


スウェーデン ストックホルム市立図書館(1928年)です。建築家エーリック・グンナール・アスプルンド(1885-1940)の設計です。彼の代表作「森の墓地・森の火葬場」(後に紹介します)が世界遺産に登録されたことにより、この図書館も今まで以上に注目されています。日本でもTBSテレビの「世界遺産」で紹介されていました。

ストックホルム市立図書館 アプローチ

新古典主義のこの建築は都市のランドマークとして現在でも堂々とこの場所に存在していました。

ストックホルム市立図書館 エントランス


重厚な感じの少し薄暗いエントランスホール、階段をゆっくりと上っていくと、そこには圧巻の大空間が広がっていました。

ストックホルム市立図書館 内部空間01


360度、本に囲まれたこの大閲覧室は、まるで本の神殿といった様相です。三層の本棚の上部には円筒形のハイサイドライトが設けられ、そこから降り注ぐ光がこの空間をさらに印象深くしていました。

ストックホルム市立図書館 内部空間02



ストックホルム市立図書館 内部空間03


読書するなら、落ち着いた雰囲気の小閲覧室がおすすめです。

ストックホルム市立図書館 内部空間04





スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 北欧建築 スウェーデン ストックホルム 市立図書館 アスプルンド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福田治彦

Author:福田治彦
S46年7月生まれ
一級建築士

福田治彦の建築探訪記
へようこそ!

リンク
最新記事
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
UNIQLO CALENDAR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。